自動運転でどう変わる?

自動運転が完成すれば世の中は大きく変わるでしょう。自動運転以前には、AI人工知能に、仕事が奪われてしまうことは頻繁に言われることです。

しかし、先に来るのは、自動運転の方なのではないでしょうか。

自動運転それはまさに、前進部隊的存在なのかもしれません。

2020年東京五輪

2020年。東京五輪の時代は間違いなく目と鼻の先に存在しています。

実際に、2020年東京五輪は来ます。そして、2020年東京五輪の時代、駅前に、遊園地のアトラクションのような行列ができ、バスに次々と人たちが乗り込めば、バスにはNO運営手……。

そんな時代は、もう既に確実に来てしまうでしょう。

自動運転の完成にもAI人工知能の成果が大きくかかわってくることになります。

人工知能(AI)が何かわからないというのなら、進化したコンピューターと考えればいいでしょう。

レベルの高いコンピューターが作られたから、自動運転の世界が成り立つのです。

自動運転の世界なんて、正直に言えば、簡単に出来るものではありません。しかし、日本は、オリンピックまで、その進歩に到達しようと頑張っているのですね。

自動運転の世界

オリンピックの時代、自動運転の時代が足音をたてて近づこうとしています。

自動運転は、周囲の様子をカメラやセンサーで読み取って、ナビを参照し、ドライバーなしで自動車を走行させるシステムです。

【周囲の様子をカメラやセンサーで読み取って、ナビを参照して、ドライバーなしで自動車を走行させるシステム】それが自動運転だと言えば、なんだその程度のことなら、もう出来るのではないか……という思いもないことはありません。

やっぱり自動運転の時代には、確実に近づいているのでしょう。

沖縄県南城市の公道では、自動運転の路線バスをテスト的に走行させ、また、東名高速・首都高などで大規模な実証実験が行われることが既に決定しています。

レベル2の段階であれば、高速道路の単一車線を走行する場合、自動運転で走行し、無人ということではなく、人間はハンドルの上に手を置く必要があり、自動運転が失敗しそうな時だけ、人間が対処します。

ここでいう自動運転は、完全自動運転の方法ではなく、ドライバーも必要不可欠な関係です。

レベル3では、いちいちドライバーが監視する必要はありません。 レベル4で、完全自動運転実現します。

日本では、オリンピックまで、自動運転の方法は、レベル4を目指しているというのですが……。

自動運転の実現

自動運転は果たして、本当に実現することができるのでしょうか。

まだまだ自動運転には、解決しなければならない問題点があります。

解決しなければならない問題点

実際にいままで絵空事と思われていた自動運転が具体的に発進したという感じはありありとしているのではないでしょうか。

そして、いままさに、自動運転の世界は、そこまで来ている!と認識している人たちも多いことでしょう。

しかし、果たして、その認識は正しいのでしょうか。

もっと、自動運転に対して、関心を持ち、細部まで注目する必要があります。

実際には、まだまだ、自動運転に対して立ちはだかる壁が存在していると言います。

事故をおこした時の責任

自動運転といえども、交通事故がゼロの自動車ではありませんので、自動車に乗っている以上、残念ながら交通事故は起きます。

しかし、自動運転が交通事故を起こしてしまった場合、一体誰が責任を取るというのでしょうか。

今までの自動車なら、自動車を運転し、 運転をしていたドライバーに賠償責任というものが発生していた訳ですが。

しかし、自動運転に対して、正しく自動運転のルールに従い運転していたのに事故が起きてしまった……という場合、どのような対応をすればいいのでしょうか。

まさに、自動運転とは、まだまだ私達の世界に未知なのです。解釈の仕方によっては、そのような交通事故は、全部自動車を作っているメーカーに押しつけることができそうですよね。

果たして、ドライバーの責任か、はたまた、メーカーの責任か、今後も論争は続くでしょう。

大事な部分なので、それが問題解決に至らないのなら自動運転の世界の道など開けていきません。

パソコンをあなたが使用してるいケース

例えば、あなたは機械製品であるパソコンを使用していますよね。パソコンが、たまに画面がフリーズしてしまうことがあるでしょう。

私のパソコンも、頻繁にそのような症状が起きていますが。パソコンのフリーズは、再起動によって回復することができますが、自動運転の場合どうでしょう。

そのような症状が突然起きてしまえば、それが大きな交通事故になってしまうことになります。