合宿免許で取得可能な自動車運転免許の種類

通学の場合に取得できる自動車免許は合宿免許でも取得が可能

合宿免許コースで取得することができる自動車免許の種類は教習所によって異なりますが、基本的には通学で免許をとる場合と取れる自動車免許の種類は変わらないと考えても問題ありません。教習所選びにおいてこだわりがなければ、ほとんどすべての免許区分を選択することが可能で、教習と検定が順調にすすめば計算上最短期間で教習所を卒業することができます。そして、卒業したあと最初にやってくる運転免許試験場での本試験と適性検査に合格すれば運転免許証が交付され、受験した免許区分において運転することが認められている車両で公道上を走行できるようになります。

合宿免許で取れる第一種免許は全部で10種類

運転免許には大きく仮免許・第1種免許・第2種免許の3種類がありますが、はじめて免許取得に挑戦する人はみな第1種免許を選択することになります。2017年3月12日に道路交通法の改正法が施行されたことにより、取得可能な第1種免許は全部で10種類になりました。合宿免許コースにおいて選択可能な第1種免許の種類は、四輪車用が普通・準中型・中型・大型・小型特殊・大型特殊の6種類、二輪車用が原付・普通二輪・大型二輪の3種類で、この他にけん引免許を取得することができます。

第1種免許で運転可能な車両の種類は免許の種類によって異なります。四輪車の場合、普通免許を取得すると車両総重量3,500kg未満・最大積載量2,000kg未満・乗車定員10人以下の大型特殊自動車を除く四輪車を運転できるようになり、準中型免許を取得すると乗車定員は普通免許の場合と一緒で、車両総重量7,500kg未満かつ最大積載量4,500kg未満の車両が運転可能になります。

もし、普通免許か準中型免許の取得後に運転経験を積んで中型免許を取ると、総重量11トン未満・積載量6.5トン未満・乗車定員が29人以下の大型特殊自動車以外の四輪車を全て走らせられるようになります。さらに、大型免許の保有者になると重量や乗車定員などの制限が事実上なくなり、大型特殊自動車に分類されない四輪自動車はどの車両でも乗って公道上で走行できます。

一方、除雪車やショベルカーなどの特殊自動車については、小型特殊免許を取得すると最高速度が時速15km以下でサイズが幅1.70m以下・高さ2.80m以下・長さ4.70m以下の特殊自動車に乗って公道上を走行できるようになり、大型特殊免許を取れば全ての特殊自動車を走らせられるようになります。ただし、車両についている装置を操作するには該当する国家資格が必要であり、運転免許だけでは操縦することができないので注意が必要です。

二輪車の場合は、普通二輪免許でエンジンの総排気量が50cc超400cc以下のバイクを運転できるようになり、大型二輪免許を取得すれば400ccを超えるバイクも乗って公道を走ることが可能になります。外国製のバイクを日本国内で乗りたい場合は、大型二輪は必須といえるでしょう。なお、原付免許は原動機付自転車を公道上で運転できるようにするためのものですが、小型特殊免許以外の免許を持っていればその免許で原付バイクを運転できるので、あえて選ぶ必要はありません。

10種類ある第1種免許の中で、もっとも特殊なのがけん引免許です。実は、ライトトレーラーをはじめとした車両総重量が750kg以下の被牽引車はこの免許がなくても牽引することができますが、仕事などで大型のトレーラーを運転する場合はこの免許が必須になります。けん引免許を取る際に注意が必要なのは、牽引車両を運転する際には該当する区分の運転免許を持っていなければならないことです。例えば、ウイングボディータイプのセミトレーラーを運転する場合は、大型免許が取得済みでなければなりません。

一部の区分ではさらに限定免許とよばれる、条件つきで車両の運転が可能になる免許を選択することができます。限定免許には、オートマチック車やノークラッチ車だけを運転できるAT限定免許、総排気量が125cc以下の二輪車のみを運転できる小型二輪限定免許およびAT小型限定免許、キャタピラのみが装備されている大型特殊自動車のみが運転可能になるカタピラ車限定免許、車両総重量が2トン未満のセミトレーラーではない重被牽引車のみをけん引して運転することができる小型トレーラ限定免許があります。

第二種免許は全部で5種類の中から取得したいものを選ぶことができる

教習所によっては合宿免許コースを選択した上で第2種免許の教習を受けられるところがあり、卒業後に運転免許試験場での本試験に合格すれば、乗客を乗せた状態での運転や運転代行業務遂行を目的とした自動車の運転ができるようになります。合宿免許で取得可能な第2種免許は普通・中型・大型・大型特殊・けん引免許の5種類で、二輪車の第2種免許はありません。各免許区分には第1種免許と全く同じ車両制限が設けられているので、路線バスを運転する場合は大型2種を、タクシーの営業運転をする場合は普通2種・中型2種・大型2種のどれかの取得を目指すことになります。

第2種免許のうち普通・大型特殊・けん引の3つについては、限定免許を選択することが可能です。選ぶことができる限定免許の種類は第1種免許と同じで、普通二種がAT限定免許、大型特殊二種がカタピラ車限定免許、けん引二種免許が小型トレーラ限定免許となっています。