免許の取り方として知っておきたい合宿免許

免許の取り方は三つある

自動車やバイクなどの運転免許を取得したいときには教習所に通うのが普通だと思っている人もいるでしょう。しかし、実際には免許の取り方としてよく選ばれているものには三つあります。一つ目に挙げられるのが教習所に通う方法で、学科と技能の教習を受け、修了検定を経て路上教習を行い、最終的に卒業検定を受けて合格すれば良いというものです。二つ目として一発免許と呼ばれる方法があります。免許センターに行って直接試験を受けることで合格すれば免許を取れるという仕組みです。もともと運転免許を持っていた人が取り消しになったときなどに活用されています。そして、三つ目に挙げられるのが合宿免許で、二週間から三週間程度の合宿に参加して教習を受けることにより免許を取得できるのが特徴です。

合宿免許の詳細を知ろう

合宿免許では運転免許を取得するために必要な学科教習と技能教習を合宿によって集中的に行えるのが特徴です。朝から夕方遅くまでスケジュールが組まれているのが一般的で、それ以外の時間は自由に使うことができます。技能教習については一日に受けられる時間数が制限されているので二時間または三時間になりますが、無駄なく教習を受けられるようになっていて、短い期間で免許を取得できるようにデザインされているのが魅力です。また、教習に必要とされる人件費などのコストが少なくて済むため、教習費用も低めになっています。そのため、短期間集中で安く免許を取得したいという人がよく選んでいる方法です。

合宿免許は都心部で行われるものもあれば、山奥で実施されているものもあります。現地までの交通手段や宿泊方法はプランによって違い、全て教習所側が手配してくれる簡単なものも少なくありません。逆に毎日の教習スケジュールが決まっているだけで、ホテルなどを自由に選んで参加できる仕組みになっているものもあります。教習所に宿舎があって格安で利用できるようになっているか、周辺のホテルや旅館と提携していて安い費用で入れるようになっているのが一般的です。

合宿中は基本的には教習所で学ぶことが求められますが、時間的に完全な拘束を受けるのは学科や技能の教習時間だけです。それ以外の時間は自分で教本を読んだり、学科試験対策のための設備を利用したりして学ぶことができます。合宿先は遠方ということが多いので、空き時間を使って観光旅行を楽しんでも問題はありません。最終的にきちんと合格して免許を取得すれば、教習時間以外は自由に使うことができます。